PR

健康 健康・トレーニング

無水カレーはダイエットに向いていた?無水調理ができるおすすめの電気圧力鍋をピックアップ!電気圧力鍋を使うほうが手間・栄養面でもかなりお得だった

2024年5月13日

※当サイトでは、アフィリエイト広告を利用しています

【この記事を読むことで分かること】

  • 注目の無水カレーが健康、ダイエットにおすすめな理由
  • 圧力鍋を使う際のメリット・デメリット・注意点など
  • 無水調理ができるおすすめの圧力鍋

こんな人にオススメ♪

  • ダイエットをしたい.........だけど息抜きでカレーが食べたい
  • だけど少しでもダイエットにつながるようにしたい.......
  • 圧力鍋の無水調理などに興味がある

ダイエットをしていると無性に味が濃い料理が食べたくなるのは仕方ないこと。筆者は無性にカレーの味が欲しくなることがしばしば。

しかし、一般的にカレーは、、、

  • 高カロリー:1食分で平均600~800kcalくらいと高く、他の一般的な料理と比較してもカロリーが高い傾向にある。
  • 高糖質:ごはんと一緒に食べることが多いため、どうしても糖質過多になってしまう傾向にある。しかも消費されない糖質は脂肪として蓄積されてしまう。
  • 高脂質:カレーのルー自体が小麦粉と油で作られている。
  • 食べ方:カレーライスとは一般的にお米の上にルーをかけて食べる。そのためお米の量が多くなりがち

参考した情報:https://calorie.slism.jp/200000/

ということで、ダイエットに不向きと言える料理です。せっかく頑張ってダイエットをしているのに、そんな高カロリーなものを食べたくない!だけどカレーが食べたい!と思う人はいるかもしれません。

そういう時におすすめなのが「無水カレー」です。

無水カレーは決してこれを食べればダイエットになるわけではなく、もちろん沢山食べればそれだけカロリーは増えるので太ります。

しかし、どうしてもカレーが食べたい時に少しでもカレーのカロリーを下げることで継続しているダイエットへの影響を少なくして、さらに恩恵を受けれるようにしましょう。

この記事では無水カレーのメリット・デメリットと調理の際に使用する圧力鍋について書いていこうと思います(*'▽')

圧力鍋を先にチェックしたい人は
ここをクリックでジャンプ
♪(*‘ω‘ *)♪

無水カレーとは?

無水カレーというものは、

水を加えずに野菜や肉の自然な水分だけを利用して作るカレー料理になります。この調理方法により食材の旨味が凝縮され、濃厚な味わいが特徴です。また、栄養面においても無水カレーは栄養素の損失が少なくなる傾向になり、健康的な料理としても知られています。

調理器具としては、蓄熱性の圧力鍋が推奨され、じっくりと煮込むことで食材から十分な水分を引き出し、美味しいカレーを作ることができます。

無水カレーのメリット・デメリットとは?

無水カレーはダイエットに対してのメリットがありますが、デメリット面も存在します。それらを簡潔に記述していこうと思います。

  • 低カロリーにできる
  • 低脂質なお肉(鶏むね肉、ささみ、牛肉赤身など)を選択して高タンパク質にもできダイエットに必要なタンパク源を確保できる
  • 野菜の栄養素を無駄にしないで摂取することができる
  • ルーを少なくできるため脂質の摂取を通常のカレーよりも抑え気味にできる

ダイエットを行うのに必要な低カロリー料理に工夫次第ですることができ、筋肉を作る上で必要なタンパク源も確保でき、無水調理により野菜本来の栄養素の確保、使用するカレールーを最小限にできるなどメリットがあります。

メリット

低カロリー・低脂質

無水カレーは水を使わないため、使用する野菜や肉から出てくる水分だけで調理することになるため、使用するカレールーを通常のカレーよりも少なくすることができます。なので実質的に、ルーに含まれる小麦粉による炭水化物、油などカットすることで低脂質につなげることができ通常のカレーよりも結果的に低カロリーを実現することができます。

高タンパクな材料

無水カレーに使用するお肉を鶏むね肉(鶏皮を取り除いた物)鶏のささみ赤身の牛肉などの脂質を抑える材料を使用することで摂取カロリーを抑えながら低脂質高タンパクなカレーにすることが可能です。

さらに豆類を使用する場合では植物性タンパク質としてタンパク質を摂取することが可能であるため、よりヘルシーにしたい場合は大豆、ひよこ豆、レンズ豆などの豆類をお肉の代わりに入れるのも美味しいのでおすすめです。

野菜の栄養素を無駄なく摂取

無水調理をすることにより、野菜に含まれる栄養素(ビタミンC、B群、ミネラルなど)が水に溶け出すことなく食材に閉じ込められます。これにより野菜に含まれる栄養素を無駄なく摂取でき通常のカレーよりも栄養価が高い健康的な食事にすることができます。

通常のカレーもそうですが、野菜を多く使用するため食物繊維を豊富に摂取することが可能です。この食物繊維をたくさん摂取することで満腹感を与える効果があり、食べ過ぎを防いでダイエットにつながります

さらに工夫するのならば、カレーと一緒に食べるお米の量を減らして代わりにキャベツの千切りを添えて食べるのも良いかもしれません。結構おいしいのでおすすめです。

デメリット

  • どうしても水分が少なくなるので焦げやすい
  • 水分が野菜頼りなので味の調整が難しい
  • 普通の鍋だと調理時間が長くなりがち

どうしても焦げやすくなる

水分を野菜・肉からの自然に出たものを利用して調理するため必然的に水分量が少なく、注意して調理しないと焦げ付いてしまう可能性があります。どうしても野菜はそれぞれ水分含有量が違うので、それを予測しながらの調理は少し難しい部類になるかもしれません。それを少しでも効率よく調理するためには、圧力鍋を使用するなどの工夫をするのが良いかもしれません。

後述で無水カレーに適してそうな圧力鍋を紹介しているのでぜひともご覧ください♪

味の調整が難しい

前述の水分にも関連しますが、野菜から出る水分の予測が難しいため、どのくらいの味付けをすれば美味しくなるのか予測が少し難しいと言えます。調味料の配分を見極めるには何度かチャレンジして経験と感覚を身につけるのが良いですね。

調理時間が長くなりがち

水を使わない分野菜・肉に火が通るまでの時間が長くなりがちです。必然的に調理時間が長くかかってしまいます。これは圧力鍋を使うことで少しでも調理時間を短縮することができますが、それでも普通のカレーよりは多少時間がかかってしまう場合はあります。

調理時間を少しでも短縮して無水カレーをより作りやすく、より身近なもにするためにも無水カレーを作りたい人は圧力鍋を検討してみるのも良いかもしれませんね♪

おすすめの関連記事♪(*‘ω‘ *)

無水カレーはダイエットに向いていた?無水調理ができるおすすめの電気圧力鍋をピックアップ!電気圧力鍋を使うほうが手間・栄養面でもかなりお得だった

2024/5/31

※当サイトでは、アフィリエイト広告を利用しています 【この記事を読むことで分かること】 注目の無水カレーが健康、ダイエットにおすすめな理由 圧力鍋を使う際のメリット・デメリット・注意点など 無水調理が ...

【 自重 トレーニング 】賃貸・一人暮らしでチンニングスタンドに迷ったら【KENSUI kaku model2】 家でできる筋トレにしたい「懸垂」!省スペースで置き場所に困らない デザイン・機能性が考え抜かれた懸垂台

2024/5/31

※当サイトでは、アフィリエイト広告を利用しています 【この記事を読むことで分かること】 KENSUI kaku model2はどんな人におすすめできるの? KENSUI kaku model2が賃貸部 ...

マインドフルネスとは おすすめ本を紹介・適応障害だった時の体験談 初心者がその場で実践できる簡単なやり方をご紹介♪

2024/5/31

このブログについて。。。 筆者:ピントス 当ブログでは調べていてピンとくる健康・ダイエット・筋トレ、生活用品、ガジェットの商品、サービス、情報を皆様にお届けするブログになっております。皆様の生活の質が ...

【NÜOBell(ヌオベル)】ダンベルで自宅トレーニングを取り組みたい人は必見!高評価な可変式ダンベル 自宅でのウェイトトレーニングにおすすめの機能性、保証を考えるとコスパが良いダンベルだった

2024/5/31

フレックスベル 可変式ダンベル 36kg 32kg 2kg刻み 【優秀代理店認定 楽天ランキング1位】 ブラック シルバー 2個セット 単品 アジャスタブル ダンベル FLEXBELL NUOBELL ...

圧力鍋について

無水カレーを作る際には圧力鍋がかなり便利で、時間短縮均一に熱するエネルギー効率が良いなどメリットがあるので圧力鍋がかなり便利なので検討するのも良いかもしれません。

  • 調理時間の短縮
  • 加熱時の熱エネルギー効率が良い
  • 野菜・肉など均一に熱が通って調理できる
  • 高温短時間調理で食材の栄養素が破壊されにくい
  • 食材が柔らかくなる、味がしみやすいなど美味しくなる

しかし、圧力鍋にも注意するべくデメリットがあります。

値段が普通の鍋よりも高額取扱いに注意が必要それなりに重いサイズが多きなどデメリットがありますので、それも考慮して圧力鍋を購入するようにしましょう。

デメリットを簡単にですが記述しておきます。

  • 高品質な圧力鍋は価格が高くなる傾向にある
  • 一般的な鍋よりも構造上どうしても重くなってしまい、サイズ感も大きくなりがちでキッチンのスペースを取りがち
  • 圧力鍋は使用時に高圧、高温になるため使用方法を間違えるととても危険な事故につながる可能性があります
  • 安全に使用するためには説明書をしっかりと読むことが必要であり、指示に従って使用することが重要です。(これができない人は圧力鍋を購入するのは避けたほうがいいです)
  • 定期的なメンテナンスが必要になり、パッキンの劣化、圧力調整部の詰まりなどを定期的にチェックして安全に使えるようにしておく(必要に応じて部品を交換などする)

どうしても圧力鍋は調理時に高圧、高温になるため、使用する際は必ず説明書を熟読して安全に使用するようにしましょう。

圧力が完全に下がるまで待ってから蓋を開けるようにしないと危険なので注意するなど注意点が色々とあります

※それぞれの圧力鍋で注意事項が違うと思いますので、購入を検討している人はしっかりと説明書を読むように心がけて安全に調理するようにしてください

無水調理ができるおすすめの圧力鍋

初めて圧力鍋で調理するなら電気圧力鍋というタイプの圧力鍋を選択するのも一つの手です。電気圧力鍋は自動調理機能などが付いていることが多いので普通の鍋で行うよりも便利に時間短縮が可能になります。

「このような声がありました♪」という形でネットにある口コミなどを独自に要点をまとめてみましたのでご参考になれば嬉しいです。

アイリスオーヤマ 1台7役 80種類のレシピ本付き KPC-MA4-B

このような声がありました♪

メリット

  • 食材やメニューに応じたオート設定があり、多様な料理に対応可能
  • 自動メニューで簡単に調理可能で、初心者でも扱いやすい
  • 豚の角煮、シチュー、カレーなど、様々な料理が作れる
  • 購入後は、多機能性と手間なしの調理でコストパフォーマンスが高い
  • 内鍋が取り外せるため、洗う際に便利で扱いやすい
  • ボタン一つで調理が可能で、片付けも簡単
  • 1時間放置するだけで他の家事ができるため、時間の有効活用が可能

デメリット

  • ガス鍋と比較して多少の力不足感があるが、長めに加圧することで問題ない
  • 4Lの大容量モデルは想像以上に大きく、キッチンスペースを取る
  • 大きいサイズのため、置き場所に困ることがある
  • 商品の説明書が面倒くさく感じるが、実際に使用すると簡単

パナソニック 3L 圧力/低温/無水/煮込/自動調理  SR-MP300-K

このような声がありました♪

メリット

  • 洗うのも簡単で、絶妙な量でも溢れることがない。
  • 決めた温度で調理でき、タイマー機能があり放置できる。
  • カレー、シチュー、ハヤシが手放しで完成する。
  • 保温機能が付いているため、一人暮らしにも便利。
  • 圧力のいらない料理も手軽に早く作れる。
  • お肉が柔らかくなり、電気なので安心して放置できる。
  • 大きさがコンパクトで狭いキッチンでも圧迫感が少ない。
  • お知らせタイマー、自動調理など使いやすい機能が多い。
  • 美味しいものを作れ、早く調理できる。

デメリット

  • 購入後、3年半でスイッチが押しても反応しなくなった。
  • 圧がかかるまでの時間と下がるまでの時間を見ないといけない。
  • 操作部分(ポチポチ押すところ)と液晶が壊れた。
  • 1年半ぐらいで壊れるような商品なら性能や機能云々以前だと感じる。
  • 操作盤と液晶の故障は調べたら結構多い、この商品の仕様のようだ。

シロカ おうちシェフ PRO 1台10役 SP-2DM251

このような声がありました♪

メリット

  • 丸ごと使ったり、大まかにカットすることで調理できるため、食材を刻む手間が省ける。
  • 調理が苦手や面倒な方にも重宝すると思われる。
  • 火加減や調理時間を気にしなくて良いため、他の家事をしながら料理ができる。
  • 出かける前にセットしておけば、帰宅時には料理が完成している。
  • 圧力でご飯が美味しく炊け、牛すじがトロトロになるなど、食材がより美味しく調理できる。
  • 低温調理で温泉卵・サラダチキンが簡単にできる。
  • 自動減圧機能が付いているため、安全かつ便利に使用できる。
  • 説明がわかりやすく、使いやすい。

デメリット

  • 調理する毎にボタン操作を確認するのが少し面倒。
  • 思ったより調理時間がかかることがある。
  • 洗うのが面倒くさい。
  • 慣れるまで時間がかかる。
  • 容量が小さめであるため、大家族や多めに作り置きしたい人には向かない可能性がある。
  • サイズが大きく、管理がしにくい。

パナソニック 3.9L 最大6人分 圧力/低温/無水/煮込/自動調理  NF-PC400-K

このような声がありました♪

メリット

  • 真っ黒なデザインでスタイリッシュ。
  • 圧力鍋としての機能があり、煮込みや無水調理も可能。
  • 一度セットすれば自動で調理が完了する。
  • 予約調理や保温などの便利な機能が充実。
  • フッ素加工で内面が汚れにくく、お手入れが簡単。
  • コンパクトなサイズで場所を取らない。
  • 低温調理も可能で、料理の幅が広がる。
  • 自動メニューが豊富で手動設定も可能。

デメリット

  • 文字が小さく読みにくい。
  • 蓋を開ける際に水蒸気が料理に戻ってしまうことがある。
  • 蓋の置き場に困ることがある。
  • 焼く機能がないため、焼き目をつける際には別の調理器具が必要。
  • 蓋から水が漏れやすく、開けにくいことがある。
  • 調理後の洗い物が少ないものの、分解が必要な場合がある。

ティファール 6L 内蔵250レシピ クックフォーミー 圧力調理 1台7役 CY8711JP

このような声がありました♪

メリット

  • 使用が簡単で、料理がすぐにできるため、時間を節約できる。
  • シチューなどの料理が焦げずに柔らかくジューシーに仕上がる。
  • 家族が料理をするようになり、子供も喜んで食べるようになった。
  • デザインが未来的でカッコよく、操作も簡単。
  • 短時間で調理が可能で、火を使わないため安全。
  • 野菜を蒸すのにも適しており、ホクホクとした食感が出る。
  • 調理後の片付けが他の事をする時間を確保できるため、忙しい人にも適している。

デメリット

  • 大きいため、洗いにくく、保管場所を取る。
  • 最後の片付けで部品を全部外して洗う必要があり、手間がかかる。
  • 圧力がかかるため、使い方に少し要領が必要。

最後に

無水カレーは圧力鍋でなくても作ることはできるみたいですが、前述していますが調味料などの味付け、野菜・肉の熱の通り具合などがばらつきやすくなるデメリットがあるみたいですね。なので、無水カレーなどのヘルシーな料理をする人は圧力鍋などの便利器具を使用するのが簡単で健康的な食事を長く続けるための秘訣だと思います。

何も料理は手間がかかれば良い料理というわけでもありません。逆にいくら材料にお金をかけても上手く調理できなければ美味しくないものはできます。そういう点においても自動調理機能などが付いている圧力鍋などを購入するのは美味しい料理を作る上で大切な要素の1つだと思っています。

ダイエットをしている時って必要以上に食事のことを意識してしまって美味しいものが目についてしまいます。その中でも少しでもカロリー、脂質などを減らしてダイエットにつなげることができるメニューをお手軽に作ることはダイエットを成功させるための条件なのではないでしょうか。

ダイエットだけでなく、どんどん多忙になっていく現代の社会の流れの中で少しでも家事をいかに楽にするか、、、それが自分の身体、精神衛生上の助けになると思うんです。便利な物は便利なので使っちゃいましょうという自己投資の考えです。それがダイエットにもつながるならなおさらです。

少しでもこの記事が皆さまの健康に役立てたら嬉しい限りです(*‘ω‘ *)

このブログについて。。。

筆者:ピントス

当ブログでは調べていてピンとくる健康・ダイエット・筋トレ、生活用品、ガジェットの商品、サービス、情報を皆様にお届けするブログになっております。皆様の生活の質が少しでも上がるような記事を更新していきますのでぜひご覧ください♪

PR

  • この記事を書いた人

ピントス

スマホ、格安SIM、ガジェット系のお得な情報をお届けするブログ♪ 皆様のスマホ生活の質が少しでも上がるような記事を更新していきますのでぜひご覧ください♪

-健康, 健康・トレーニング
-, , , , ,