PR

ウェイトトレーニング 健康・トレーニング

固定式ダンベルでおすすめを厳選!自宅トレーニング初心者に固定式ダンベルがオススメしない理由 素直に可変式ダンベルの購入 or トレーニングジムに行ったほうがいいのか?

2024年4月15日

【この記事を読むことで分かること】

  • 重量固定式ダンベルのメリット・デメリット
  • どんな人にオススメなのか
  • これからトレーニングを行う人へ
  • オススメのダンベル厳選5選♪

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

重量固定式ダンベルとは?

 重量固定式ダンベルとは、1つのダンベルの重量が決まっていて重量変更できないダンベルのこと。

 重量を好きに変更できないがダンベルを持ち替えることでお手軽に重量を変更できて、その形状からダンベルベンチプレスなどのトレーニングがとてもしやすいというメリットがある。

 自宅トレーニングをする人の中でも重量固定式ダンベルはトレーニング器具の候補の一つになるかと。しかし、各重量ごとにダンベルを用意しなければならず、ダンベルの数とスペース、総重量による家屋への負担が問題となる。

 そのため、この重量固定式ダンベルは主にトレーニングジムに置いてあることがほとんどです。

重量固定式ダンベルのメリット・デメリット

 上記でも軽く触れていますが重量固定式ダンベルのメリット・デメリットを御紹介します。

メリット

  • ダンベルを持ち替えるだけで重量を変更できる
  • トレーニングの際に太ももにのせても痛くない
  • プレートなどが固定されており緩まないので安定してトレーニングできる

デメリット

  • ダンベル本体の重量の変更ができない
  • 必要な各重量を購入しないといけない
  • トレーニングを続けるとなるとダンベルの数が必然的に増える
  • 数が増えると置くスペースの問題、総重量による家への負担が増大

メリットについて

重量変更がダンベルを持ち替えるだけ

 重量固定式ダンベルのメリットというか特徴として挙げられるのが、ダンベルを持ち替えるだけで重量を変更することができる点です。

 プレート可変式ダンベルなどはプレートを足したり外したりして重量を変更します。

 1個のダンベルで様々な重量に変更することが可能ですが、重量を変更する際に少なからず手間と時間がかかります。

 この手間と時間などが積み重ねていくとそれなりにトレーニング時間の無駄な時間になってしまうのでなるべくなら無くしたいところ。

トレーニングの際に太ももが痛くならない

 トレーニングをする際に『ダンベルベンチプレス』をする人もいるかと思います。休憩したり準備をする際に太もも、膝に乗せることがあるのですが、重量固定式ダンベルのほとんどは両端が平な面になっていることが多く乗せても痛くありません。

 高重量で『ダンベルベンチプレス』をする際に両端が平な面になっているととても楽です。

重り部分が緩んだりすることがないので安定してトレーニングできる

 これは安全面を考えた時に重要なことだと思います。

 プレート可変式ダンベルだと固定具(シャフトカラー)が緩むことがあり、それによってダンベルの重心がズレてトレーニングがやりづらくなったりバランスを崩してしまうことがたまにあります。あとカッチャンカッチャンとプレート同士が当たる音がします。

 重量固定式だとその心配がなく安定してトレーニングすることができます。ダンベルの重心がズレず安定したバランスで狙った部位に効果的に効かせることが可能となります。せっかく狙った部位への負荷が分散するのはトレーニングをしててもったいないことです。

デメリットについて

トレーニングに必要な各重量のダンベルを用意しないといけない

 重量が固定されていることでメリットが多くある反面、ダンベル本体の重量が変更できないことがデメリットにもなります。

 トレーニングをする際は様々な重量で行いたいかと思います。そうすると重量固定式ダンベルだとトレーニングに必要な各重量を用意しないといけません。ダンベルを用意するとなると購入費用置くスペース総重量による家への負担が出てきてしまいます。

購入費用・置くスペース・家屋への負担

 重量固定式ダンベルの各重量を揃えるとなると購入費用もかなり高くなってしまいます。

有名どころの重量固定式ダンベルだと297,000円になります。値段は高いが品質、トレーニングのしやすさは確実。

 下記ダンベルセットはトレーニング器具メーカーとして有名なWILD FITが販売している重量固定式ダンベルのセットになります。

⇓⇓⇓

 各重量を準備するとなると置くスペースの問題も出てきます。基本的にダンベルは両手分準備するのが一般的なので各重量のダンベル×2個ということ。固定式ダンベルは高重量になるとそれなりの大きさになりそれが何個もあるとかなりのスペースが必要

 重量固定式ダンベルを購入して置くとなると専用のラックも必要になってきます。この専用ラックもかなり高価な商品になります。

⇓⇓⇓

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大11倍!/
楽天市場

 仮に前記しているダンベルセットを購入してこちらのダンベルラックに全部置こうとした場合このラックが4台分必要になり、10万円越えです。重量固定式ダンベルは費用がかなりかかることが分かるかと思います。

 各重量、特に高重量のダンベルを準備すると総重量もかなりのもの。日本の家屋だと平気かもしれませんがダンベルの重さによる家への負担もかかるのでそれも考慮しないといけません。

 ちなみに2~30kg(2kg刻み)×2本セットの合計30本セットの重量固定式ダンベルセットで合計480kgになり、これにダンベルラックの重量も負担になるので家屋への負担が心配されます。

 地震も多くなってきている日本だとなるべく家への負担を減らした方が安全

ダンベルラック [impulse/インパルス]ジム ダンベル トレーニングマシン ラック 収納 送料無料 [WILD FIT ワイルドフィット]

これから自宅トレーニングをする人へ

  • 長くトレーニングを続けたい人は片手5~30kgぐらいまでの重量の幅で用意しておくのがオススメ

 これからトレーニングを始めようとしている人に言えることは、もしダンベルを用意する場合は片手5~30kgぐらいまでの重量の幅でトレーニングできるようにしておいたほうがいいかもしれないということ。

 しばらくトレーニングをしていると低重量だと物足りなさが出てくるためです。そのためそれなりの重量を準備しておく必要があります。

そうなると重量固定式ダンベルで自宅トレーニングをするのはちょっと現実的ではないというのが結論かなと。

固定式ダンベルでトレーニングをしたい人

 自宅トレーニングにおいて固定式ダンベルが少し不向きなことがわかったかと思いますが、それでも重量固定式ダンベルが使ってトレーニングをしてみたいという人は素直にトレーニングジム・パーソナルジムに通うことをオススメします。

 やはりトレーニングジム・パーソナルジムは鍛えるための施設なので環境はもちろんのこと、周りにいる人たちのモチベーションなども全然違います。

 ジムに通うのには費用が掛かりますがそれだけお金を掛けているのだからトレーニングをしなければというモチベーションにもつながります。三日坊主になりがちな人は自宅トレーニングよりもジムに通ったほうがいいかもしれません。

 オススメのトレーニングジム・パーソナルジムも近いうちにご紹介します。

自宅トレにオススメな他のダンベル

プレート可変式ダンベル

 プレート可変式ダンベルが自宅トレーニングをするのに最も一般的なダンベルになります。購入費用も幅があり、材質も様々な物があります。利便性も高いので自宅トレーニングをする上で幅広いトレーニングを可能にします。

 プレート可変式ダンベルについてはこちらをご覧になってみてください♪

可変式ダンベルのおすすめできる4選 ダンベル初心者が選ぶ時の注意点をご紹介 自宅トレでウェイトトレーニングを始めるために購入するべき可変ダンベル

2024/5/31

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています 【この記事を読むことで分かること】 これから自宅トレーニングを始める人へ プレート可変式ダンベルのメリット・デメリット どんな人にオススメなのか? 固 ...

ダンベルシャフトを回すだけで重量を変更できるNÜOBell(ヌオベル)

 ダンベルシャフトを回すだけで重量を変更できるNÜOBell(ヌオベル)という商品です。

 このダンベルは付属の専用ラックに置いた状態で僅か0.8秒で重量を変更でき、2~32kg(16段階)で重量変更可能であり、ダンベルを置くスペースも省スペースで済みます。

 ダンベルの端っこも平らな面になっているので『ダンベルベンチプレス』をする際にも痛くありません。

 正直、これから自宅トレーニングをする人にとって、この商品を買うのが無駄な買い物をせずに済むコスパ高い選択かもしれません。

以前はFLEXBELL(フレックスベル)という名称で売っており、NÜOBell(ヌオベル)になってからは4kg刻みの重量変更が2kg刻みの重量変更になりトレーニングの幅、様々なトレーニーのレベルに合わせられるダンベルになっている。

【NÜOBell(ヌオベル)の記事】

【NÜOBell(ヌオベル)】ダンベルで自宅トレーニングを取り組みたい人は必見!高評価な可変式ダンベル 自宅でのウェイトトレーニングにおすすめの機能性、保証を考えるとコスパが良いダンベルだった

2024/5/31

フレックスベル 可変式ダンベル 36kg 32kg 2kg刻み 【優秀代理店認定 楽天ランキング1位】 ブラック シルバー 2個セット 単品 アジャスタブル ダンベル FLEXBELL NUOBELL ...

オススメの重量固定式ダンベル

PROIRON ダンベルセット

 こちらの商品は商品リンクに飛んでもらうとわかるのですが、1、2、3kgを2本ずつのセットになります。お手軽にダンベルトレーニングを始めてみたい人、女性の方にオススメのダンベルになります。

 Amazonの商品ページだとそれ以上の各重量も購入可能となりますので、自分の筋肉の成長に合わせて買い足していくことができますAmazonレビューも17,000件近くレビューがあり、評価が星4.3という高評価になるので品質、コスパなどは文句なしと言えそうです。(2024/04/14時点)

こんな感じの口コミがありました♪

質感・コスパ面

  • 作りがしっかりしている
  • ラバーコーティングされていて握りやすい
  • 細かく重量があるので家族で使えるのでコスパ良い
  • 転がりにくい、色が綺麗

気になるところ

  • 1、2、3kgのセットに付属してるラックが不安定
  • 付属ラックの端っこがダンベルを取る際に当たり痛い

PROIRON ワンピース鋼 ダンベル

 こちらのダンベルは各重量ごとの販売になります。各重量が2個セットになりますので自分の筋量に合わせて必要な重量を購入することができます。

 値段も重量固定式ダンベルの中では比較的低価格なのでオススメです。コスパも良さそうなのでこれからトレーニングを始める人にうってつけの重量固定式ダンベルになるかと。

 Amazonのレビューだと300件近くあって評価が星4.5にもなるのでこちらも文句なしな商品と言えそうです。

こんな感じの口コミがありました♪

質感・コスパ面

  • 六角形の形状が収納する時に安定する
  • デザインが黒と赤でカッコいい
  • 見た目が安物感がない、グリップが握りやすい
  • サイズ感的にも使いやすい

気になるところ

  • 臭いが気になる商品が送られてくることも

[WILD FIT Premium] 固定式六角ダンベルセット

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大11倍!/
楽天市場

 トレーニング器具メーカーとして有名なWILD FITが販売している重量固定式ダンベルのセット 

 こちらは重りの部分が六角形になっており転がりにくく、1、2、4、5、6、7、8、9、10、12.5、15、17.5、20kgのダンベルが2本ずつ(合計240kg)で様々な重量で細かくトレーニングが可能となっています。

 値段は16万円近くかかりますが、重量固定式ダンベルでトレーニングを始めたい人、一つ前の商品では物足りなくなってしまった人にはオススメできます。というか重量固定式ダンベルで自宅トレーニングを行う場合はこのぐらいの重量が限界な気がします。

[WILD FIT Premium] 固定式ダンベルWFセット 30本 セット 

 こちらの商品もトレーニング器具メーカーとして有名なWILD FITが販売している重量固定式ダンベルのセット。

 2~30kg(2kg刻み)×2本セットの合計30本セット(合計480kg)になります。プレート部分がラバー仕様になっているので床を傷つけにくく、固定式なのでかなり丈夫なダンベルになります。

 重量固定式ダンベルで本格的にやりたい人向けの商品になります。この商品でトレーニングをやりたい人は自宅とは別にトレーニングを行う建物敷地を所有している人が購入に向いているかと思います。

 このダンベルを購入する際はラックも購入しないと置くのに困ります。前述していますが、全部のダンベルをラックに置こうとすると複数台のラックが必要になるからです。

ちなみにラックはこういう商品があります。

⇓⇓⇓



最後に

 重量固定式ダンベルを自宅トレーニングで使いたい人はどちらかと言うと低重量で鍛えたい、ジムに行く前に基礎的な筋力を身につけたい人、そこまで高重量を扱わなくていい人に向いています。

 高重量のダンベルでトレーニングを行いたい場合は素直にトレーニングジム・パーソナルジムに行った方が鍛えるという面ではコスパが良いかもしれません。

 自宅でコスパ良くウエイトトレーニングをしたいという人は、プレート可変式ダンベルやNÜOBell(ヌオベル)のような可変式ダンベルを購入するほうがいいです。

 ダンベルベンチプレスを自宅トレーニングに取り入れたいという人には、初期費用としては少し高いですがNÜOBell(ヌオベル)のような可変式ダンベルがぶっちゃけオススメです。プレート可変式ダンベルだと重量変更の際のタイムロスがじわじわとストレスになること間違いなしだから。

【NÜOBell(ヌオベル)の記事

【NÜOBell(ヌオベル)】ダンベルで自宅トレーニングを取り組みたい人は必見!高評価な可変式ダンベル 自宅でのウェイトトレーニングにおすすめの機能性、保証を考えるとコスパが良いダンベルだった

2024/5/31

フレックスベル 可変式ダンベル 36kg 32kg 2kg刻み 【優秀代理店認定 楽天ランキング1位】 ブラック シルバー 2個セット 単品 アジャスタブル ダンベル FLEXBELL NUOBELL ...

 プレート可変式ダンベルとNÜOBell(ヌオベル)のことを書いた記事も貼っておくので、ダンベルの購入で迷っている人はぜひ見てみてください(近いうちにアップします)

【プレート可変式ダンベルの記事】

可変式ダンベルのおすすめできる4選 ダンベル初心者が選ぶ時の注意点をご紹介 自宅トレでウェイトトレーニングを始めるために購入するべき可変ダンベル

2024/5/31

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています 【この記事を読むことで分かること】 これから自宅トレーニングを始める人へ プレート可変式ダンベルのメリット・デメリット どんな人にオススメなのか? 固 ...

PR

  • この記事を書いた人

ピントス

スマホ、格安SIM、ガジェット系のお得な情報をお届けするブログ♪ 皆様のスマホ生活の質が少しでも上がるような記事を更新していきますのでぜひご覧ください♪

-ウェイトトレーニング, 健康・トレーニング
-, , , , , , , , , ,