PR

ガジェット 生活ガジェット

【再検証】日常生活において充分な充電性能を発揮 NANAMI 65W 急速充電器でNothingPhone(2a)を20%からフル充電まで充電時間を測定

2024年4月25日

このブログについて。。。

筆者:ピントス

当ブログでは調べていてピンとくる健康・ダイエット・筋トレ、生活用品、ガジェットの商品、サービス、情報を皆様にお届けするブログになっております。皆様の生活の質が少しでも上がるような記事を更新していきますのでぜひご覧ください♪

※当サイトでは、アフィリエイト広告を利用しています

今回は前回紹介したこの商品

この急速充電器で「Nothing Phone (2a)」をしっかりと充電していきたいと思う。

前回だと50%というあまり充電するのにはそこまで参考にならなそうな充電%で検証を行ってしまった。

今回は20%台で100%までどのくらいの充電時間なのかを簡単に紹介します。

商品の大きさ、重さなどを知りたい方は前回の記事をご覧になってください♪

参考になれば幸いです。

【前回の記事】

【NANAMI 65W 急速充電器 3ポート】性能はいかに?NothingPhone (2a)で試してみた結果⇒必要充分な充電性能だった。

2024/5/31

NANAMI 65W 充電器 3ポート 内容物一覧 このブログについて。。。 筆者:ピントス 当ブログでは調べていてピンとくる健康・ダイエット・筋トレ、生活用品、ガジェットの商品、サービス、情報を皆様 ...

充電するスマホ・急速充電器

  • Nothing Phone (2a)
  • NANAMI 65W 充電器 3ポート (USB-C*2+USB-A*1) 折りたたみプラグ (PD3.0/PPS/QC4+/SCP/FCP規格対応/PSE技術基準適合) GaN Ⅲ (窒化ガリウム) 採用

Nothing Phone (2a)

最近発売されたNothingから発売された「Nothing Phone (2a)」を充電してみた。

この「Nothing Phone (2a)」はPD3.0の最高45Wの急速充電に対応していて、5,000mAという日常使いには十分なバッテリー性能を有している。

おサイフケータイ機能も搭載されているので、使い心地も満足のいくものとなっている。

少し不満を言えば着信音などがしっくりくるものが少ないということぐらい。

それ以外は特に不満はないので、ぜひ気になる人は購入するのをおすすめする。

公式のページはコチラ。

8+128Gモデル、12+256Gモデルも公式なら購入できるみたい。

Amazonでの購入はコチラになりますが、Amazonでは8+128Gのモデルしかない模様。。。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

IIjmioからも発売されるようになったみたいですね♪

乗り換えるのを前提とすればかなり安い。

しかし、こちらでの購入もAmazon同様で8+128Gのモデルだけみたいですね

IIjmioのページにジャンプできますがページが少し重い。。。

https://www.iijmio.jp/device/nothing/phone2a.html

NANAMI 65W 充電器 3ポート (USB-C*2+USB-A*1) 折りたたみプラグ (PD3.0/PPS/QC4+/SCP/FCP規格対応/PSE技術基準適合) GaN Ⅲ (窒化ガリウム) 採用

今回検証する急速充電器は、「NANAMI」という企業から販売されている

NANAMI 65W 充電器 3ポート (USB-C*2+USB-A*1) 折りたたみプラグ (PD3.0/PPS/QC4+/SCP/FCP規格対応/PSE技術基準適合) GaN Ⅲ (窒化ガリウム) 採用

という急速充電器になり、Amazonで購入してみた。

65W対応、PD3.0規格対応ということもあり「Nothing Phone (2a)」の最高45W急速充電に対応できると思い購入。

GaN Ⅲ (窒化ガリウム) 採用ということもあり発熱も少な目でコンパクトな充電器になるそうな。

スマホだけでなくゲーム機などの充電にも使えるのでType-C端子のケーブルのデバイスなら使い勝手良さそうである。

Type-Cの急速充電に対応したケーブルも付属しているのでお買い得感が強かった。

値段も通常で3,199円ということもあり、値段的にアリかなと。

充電時間

今回のメインである充電時間。

結論から申しますと、

23%から100%になるのに大体50分ぐらいであった。

23%から充電開始

充電電流、出力は基本的に22~24Wを上下していた模様

これは前回とあまり変わらなかったのでこの充電器とスマホの相性などにもよる性能なのかなと思う。

100%になってから少しだけ充電をそのまま放置してしまったので画像だと1時間くらいになってしまった。(不注意でした、すみません)

しかし、97%時点で充電開始から48分だったので大体50分程度で充電されていることが分かるかと思う。

上記画像を見てもらうと分かるが充電が90%台になるとスマホ自体のセーフティ機能だと思うが充電速度がかなり緩やかになるみたい

まとめ

最後に使用感をまとめると、

20%台から100%になるのに1時間はかからなかった

正直なところ、80%台程度の充電がされていれば1日は余裕で過ごせるので、実際はもっと短い時間で充電を終了してもいい。(そもそも100%まで充電するのはバッテリー的にあまり良くないという風に言われているので避けたいところである)

日常生活を送る上では充分な急速充電できる充電性能ではないかというのが実際に使用してみての感想。

  • 基本的に22~24Wぐらいの出力があり、20%台から50分程度で100%まで充電することができた
  • 普段使いであれば40分~50程度で1日使用するのに必要な充電が可能であった。

あとはしばらく使ってみての耐久性なども今後はまとめていきたいと思う。

PR

  • この記事を書いた人

ピントス

スマホ、格安SIM、ガジェット系のお得な情報をお届けするブログ♪ 皆様のスマホ生活の質が少しでも上がるような記事を更新していきますのでぜひご覧ください♪

-ガジェット, 生活ガジェット
-, , , ,