PR

自重トレーニング

【 自重 トレーニング 】賃貸・一人暮らしでチンニングスタンドに迷ったら【KENSUI kaku model2】 家でできる筋トレにしたい「懸垂」!省スペースで置き場所に困らない デザイン・機能性が考え抜かれた懸垂台

2024年5月4日

※当サイトでは、アフィリエイト広告を利用しています

【この記事を読むことで分かること】

  • KENSUI kaku model2はどんな人におすすめできるの?
  • KENSUI kaku model2が賃貸部屋、一人暮らしに特におすすめな理由
  • 他の懸垂台(チンニングスタンド)にはない省スペースなデザインなどの特徴、デザイン、機能性

懸垂台(チンニングスタンド)に求められるもの

自重トレーニングの筋トレの中でも高負荷な種目である「懸垂」。腕立て伏せ、スクワットなどと並んで真っ先に思い浮かぶ自重トレーニングかと思います。

公園などの遊具・トレーニング器具(背が高めの鉄棒)などで行うイメージが強いかと思います。

しかし、このご時世いざ懸垂をやろうと公園に行ってもちょうど良さそうな遊具・トレーニング器具がなかったりすることがほとんどです。

家に懸垂台(チンニングスタンド)があればいつでも懸垂、その他の筋トレが可能に。そういう人のために懸垂器具というものが存在します。いわゆる懸垂台、懸垂マシン、チンニングスタンドと呼ばれるものです。

懸垂について調べているうちに「KENSUI -kaku-」という懸垂器具のことを知り、その中でも「KENSUI kaku model2 」がこれから自宅で懸垂をやる人にとって特におすすめできるモデルになります♪

さらに詳しく調べてみるとフォルム、機能性など優れている点が多く見つかったのでぜひ懸垂器具の購入を考えている人に少しでも伝わったら嬉しい限りです。

X(旧Twitter)に製造・販売元であるTEDDY WORKS(テディワークス)【公式】のアカウントに参考になりそうな情報が様々ありましたのでポストを埋め込ませていただきます。

KENSUI kaku model2 はこんな人におすすめ

  • 一人暮らしなどの賃貸で一般的な懸垂台(チンニングスタンド)を置くスペースの確保が難しい
  • 懸垂台(チンニングスタンド)だけでなくトレーニングベンチも設置して自宅トレーニングをしたい人
  • 部屋に設置するからモダンでどの部屋にも合うデザインが良い
  • シンプルかつ機能性を追求したトレーニング器具が欲しい

これらのおすすめする理由に当てはまる人は「KENSUI kaku model2 」を検討してみても良いかもしれません。

特に一番上の「一人暮らしなどの賃貸で一般的な懸垂台(チンニングスタンド)を置くスペースの確保が難しい」という項目に当てはまる人はこの「KENSUI kaku model2 」もそうですが、KENSUI kaku シリーズ を一度は検討するべきだと思います。

他の一般的な懸垂台(チンニングスタンド)と比べると少々値段は高めの設定ですが、それだけ省スペーススタイリッシュ機能性が他の懸垂台よりも優れているからです。

この商品シリーズにはこのような声がありました

【使用感などについて】

  • 体重が約90kgだが問題なく安定している。
  • パラレルグリップが非常に優れており、鉄管の太さや角度が良い。
  • 購入前は公園の雲梯でパラレル懸垂をしていたが、これからは自宅でトレーニングが可能。
  • 自宅用懸垂台としては最高峰だと考えている。
  • 本体強度は十分であり、中央の支柱は思ったほど邪魔にならない。

【デザインについて】

  • ホワイトカラーは圧迫感がなく良い
  • 重厚感と高級感があり、デザインが市販されている懸垂器具の中で一番と感じる。
  • 省スペースで部屋に圧迫感を与えずに好きな時に懸垂ができるようになった。
  • model2ではバーの直径が3.4cm(0.5mmアップ)になっているが元の太さの方が好みだった。しかし、パワーグリップを使うと問題ない

【価格・ショップ対応について】

  • メールでの問い合わせに対する返答が迅速で不具合品の交換もすぐに行ってもらえた。
  • ショップの対応が誠実で信頼感がある。
  • 価格は少々高いが、耐久性があり長く使えるため自分への投資としておすすめ。
  • 価格は他商品より高いが品質が良く日本製で信頼できて総じて満足

気になる方はチェック♪
公式販売サイトはコチラ
⇓⇓⇓

一日30台売り上げた懸垂器具『KENSUI-kaku-』
NHKにも紹介されたTEDDYWORKSが送る、これからの懸垂器具のNEWフォルム『KENSUI-kaku-』

Amazonでも購入できるみたいです♪

KENSUI kaku model2

専用ディップスバー

専用トレーニングベンチ
検索の仕方が悪かったのかAmazonだとトレーニングベンチはホワイトしか見当たりませんでした

懸垂台(チンニングスタンド)を設置する時の悩ましいこと

懸垂台の購入を検討する時や、購入した後には悩みが出てくると思います。

  • 購入したいが懸垂台(チンニングスタンド)のサイズが大きすぎて部屋に置けない
  • 置けたとしても部屋が狭くなりトレーニングベンチなどが置きづらい
  • 海外製造の懸垂器具だとネジ不足、本体がガタガタするなど不具合がある
  • 重くて組み立てが大変になりそう・大変だった
  • 他の懸垂台(チンニングスタンド)は野暮ったいデザインがほとんどなので部屋に合わないから購入まで至らない

懸垂台(チンニングスタンド)を購入するにあたってはこのような悩みがあるかと思います。

たぶんこの記事を訪問してくださった人は「賃貸部屋」「一人暮らし」などの暮らしの人が検索してくれていることが多いかと思います。

そういう悩みを持っている人で、さらに様々なトレーニング(ダンベルで胸筋を鍛えるなど)も行いたい人におすすめできるのがKENSUI kaku シリーズ の中でも「KENSUI kaku model2 」というモデルです。

この「KENSUI kaku model2 」がトレーニングベンチも使用したい人におすすめできると公式サイトでも告知しています。

KENSUI kaku model2 スペック・価格など

KENSUI kaku シリーズの他のモデルとの形状の比較

(上部タブをクリックでモデル変更)

model2
ハンドル形状ストレート
ハンドル径34mm
ハンドル穴形状フック穴
ハンドル取付方上部ロックピン留め
下部ノブナット留め
ハンドルの高さ調整19段階・5㎝単位で調整可能
重量約16kg
カラーバリエーションマットブラック・マットホワイト
製造日本製

情報元:https://teddyworks.co.jp/products/kensuimodel2
https://teddyworks.co.jp/products/kensuimodel2

画像読み込みにしばらく時間がかかる場合がございます。
もし表示されなかったら再度読み込みをお願いします。

X(旧Twitter)に製造・販売元であるTEDDY WORKS(テディワークス)【公式】さんのアカウントにもmodelごとの違いを説明しているポストがりました。

(上部タブをクリックでモデル変更)

model2
単品¥42,900
ディップスバーセット¥59,400
ベンチセット¥107,800 セール中
¥99,900
フルセット¥124,300 セール中
¥11,6400
ベンチセットフルセットは公式販売サイトにて
セール中でした!
購入を考えている人はこの機会をお見逃しなく♪
情報元:https://teddyworks.co.jp/products/kensuimodel2
https://teddyworks.co.jp/products/kensuimodel2

画像読み込みにしばらく時間がかかる場合がございます。
もし表示されなかったら再度読み込みをお願いします。

「model1」の価格表を公式サイトでチェックしたのですが購入ページに「ベンチセット」、「フルセット」の記載がありませんでした。

おそらく専用トレーニングベンチの取り付けを薦めているのが「model2」だからなのかなと思います。

model2」はトレーニングベンチを設置して収納している時に懸垂をしても干渉がないようです。

トレーニングベンチを設置してのトレーニング風景、収納などの動画がX(旧Twitter)に製造・販売元であるTEDDY WORKS(テディワークス)【公式】さんのアカウントに参考になりそうな情報が様々ありましたのでポストを埋め込ませていただきます。

一般的な他製品との比較

日本製【Japan Made】
30日間の返金保証・ 製品保証1年間

日本製【Japan Made】なので品質だけでなく購入後のサポートなどでも安心してトレーニングできますね。

一般的な他製品は大体が海外製のものだったりします。

海外製だと脚部分のガタツキ、ネジ不足、ネジ穴が合わないなどがたまにあるみたいです。不備が見つかっても連絡を取ることが不安になる要素が多々ありますしけっこう面倒なことがあるかもしれません。

株式会社TEDDY WORKSさんが国内製造・販売している日本製【Japan Made】なので購入後のサポート体制もまったく問題なさそう。

もし商品が気に入らなかった場合、30日間の返金保証もあるようです。

買ったはいいけどやっぱりちょっと違った、使ってみたけどしっくりこなかったなどで返金したい場合なども対応してくれるのはかなりうれしいですね。一般的なショップだと14日間とかその程度なのでかなり手厚い保証になるかと。

製品の仕様欄を見てみると製品保証1年間はあるので、もし使っていて何かあっても大丈夫そうですね♪

省スペース性

KENSUI kaku model2 」の特徴として他の懸垂台との比較時に圧倒的な省スペース性が挙げられます。

設置する際に必要な面積KENSUI kaku model2一般的な他製品
18cm×18cm68㎝×83㎝
天井24cm×24cm設置面積なし
高さ202~275㎝187~218㎝

前述している画像になりますが「KENSUI kaku model2 」の床の設置面はわずか18cm×18cmという省スペース性です。天井の設置面積も24cm×24cmになります。

一般的な他製品については、かなり場所を取る可能性があります。

部屋に設置されている参考画像は「model1」のものになりますが、圧倒的に省スペースであることがわかりますね

パッと見でスタイリッシュかつシンプル♪


画像読み込みにしばらく時間がかかる場合がございます。
もし表示されなかったら再度読み込みをお願いします。

耐荷重・安定性

KENSUI kaku model2 」は耐荷重が130㎏もありとても優れています。

一般的な懸垂台(チンニングスタンド)は耐荷重100~120㎏程度なことが多く、耐荷重が低いと80~90㎏とかもあったりします。

KENSUI kaku model2一般的な他製品
耐荷重130㎏100~120㎏程度
(80~90㎏という製品もあったり)
安定性角度を85°にすることで安定性を確保
床と天井に固定するように設置する
設置の際に打ち付けなどの作業も不要
基本的に本体の脚部分の4点で支える
1点でもガタツキがあると全体がガタガタしてしまうので

別途床にトレーニングマットが必要になるかも

耐荷重の比較はその商品の耐荷重の数値が高ければ高いほど頑丈な作りであることがわかります。

思わぬ事故を防ぐという意味も含めて耐荷重はなるべく高い数値のものを選ぶことが安全にトレーニングをするのに必要だと思います。

安定性に関しても、

KENSUIは支柱全体を85°の角度に傾けることによりに、
懸垂運動による前方への負荷を軽減。
垂直設置ではできない安定性と転倒を防ぐ安全性を実現。

https://teddyworks.co.jp/products/kensui

ということでガタツキがない安定した懸垂器具だと言えます。

しかも、器具単体でも自立するほどの設置面部分の精度と安定性

X(旧Twitter)に製造・販売元であるTEDDY WORKS(テディワークス)【公式】さんのアカウントに精度と安定性がわかる動画があったので載せておきます

製造・販売をしているTEDDY WORKSの公式サイトには実際に使用している動画などもあるのでぜひ安定性に関して見てみてください。
KENSUI kaku model2

設置に関しての特記事項

水平でない天井や突出部または凹凸のある天井固定は推奨しておりません。
本製品は壁側に設置してください。部屋の中央など壁から離れた場所には設置は控えてください。

https://teddyworks.co.jp/products/kensui

設置に関してはこのような特記事項がありました。

設置の際は部屋の中で設置条件をしっかりと満たしたところに設置して安全にトレーニングをしないとですね。
設置条件などを満たしていないとせっかく商品は安全性の高い品質につくられていてもその恩恵を受けることができません。

もしかしたら説明書などを読まないで設置する人もいるかもですが、懸垂をしている時に倒れたりしたら無防備な状態で衝撃を受けるので本当に危ないです。ケガをしたらトレーニングどころではなくなってしまいます。ちゃんと商品の説明は読むようにしましょう。

X(旧Twitter)に製造・販売元であるTEDDY WORKS(テディワークス)【公式】さんのアカウントにどのような商品なのかどうか参考になる組立動画があったので載せておきます

気になる方はチェック
公式販売サイトはコチラ
⇓⇓⇓

一日30台売り上げた懸垂器具『KENSUI-kaku-』
NHKにも紹介されたTEDDYWORKSが送る、これからの懸垂器具のNEWフォルム『KENSUI-kaku-』

Amazonでも取り扱っているみたいです♪

KENSUI kaku model2

専用ディップスバー

専用トレーニングベンチ
検索の仕方が悪かったのかAmazonだとトレーニングベンチはホワイトしか見当たりませんでした

最後に

この「KENSUI kaku model2 」は値段的に他の一般的な懸垂台(チンニングスタンド)よりも少々高いです。

しかし、1人暮らし、賃貸などの少し狭めな部屋や、部屋のデザインを崩したくないという人にとてもおすすめな懸垂台(チンニングスタンド)であると言わざるを得ない商品だと思います。

正直、一般的な懸垂台(チンニングスタンド)は脚のガタツキが気になったりして背筋など狙った筋肉に効かせることが難しかったりします

ぐらつく器具でバランスを保ちながら筋トレをするというのは危険性もあり、上手く筋トレができないというデメリットが強いです。

この「KENSUI kaku model2 」は公式サイトの動画などを確認してみるとしっかりと安定していることが確認できるので、懸垂が初めての人にこそおすすめしときたい商品だと言えます。

ジムに通わないで自宅でトレーニングをしたい人にとっては変な商品を微妙な値段で購入するよりも、最初に購入しておけば無駄な出費を逆に抑えることができるんじゃないかと思います。

もし「KENSUI kaku model2 」の購入の助力になりましたらうれしい限りでございます♪(*‘ω‘ *)

このブログについて。。。

筆者:ピントス

当ブログでは調べていてピンとくる健康・ダイエット・筋トレ、生活用品、ガジェットの商品、サービス、情報を皆様にお届けするブログになっております。皆様の生活の質が少しでも上がるような記事を更新していきますのでぜひご覧ください♪

PR

  • この記事を書いた人

ピントス

スマホ、格安SIM、ガジェット系のお得な情報をお届けするブログ♪ 皆様のスマホ生活の質が少しでも上がるような記事を更新していきますのでぜひご覧ください♪

-自重トレーニング
-, , , , , , ,